マンションリノベーション

完成から11年経った夏に訪問しました。

鴻ノ巣の家 11年後


11年前に工事した『鴻ノ巣の家】に伺いました。

工事が終わってしばらくは、時々伺っていたのですが、、、ずいぶん間があいてしまい、すごく久しぶりでした。


設計していた当時まだ小学生だったお子さん達は、一人は就職して家を出て、ひとりは大学生・・・時がずいぶん流れた気がします。


そんなに久しぶりですが、お会いすると、この前会ったばかりのように、話しが始まります。

年齢も近く、家族構成も同じで、同級生のような感じです。


はじめての本格的なリノベーションの仕事で、かつ 設計コンペで選んでいただいた、思い出深い家です。


鴻ノ巣の家 11年後

約65m2(約20坪)3LDKのマンションの部屋を、内部をすべて解体し作り変えました。

この部屋は、以前のLDKと6帖の和室をひと部屋にして作った『大きなリビング』

いわゆる”L D K ”ではありますが、家族4人分の机を作り付しました。

家族4人がここで過ごしました。


鴻ノ巣の家 11年後

施主のAさんが、「家族とはどうあるべきか?」という事を真剣に考えられ、その想いを実現するために考えた”家の形”です。

本当に仲の良いご家族で、Aさんご夫婦の人柄や考え方があったからこそですが、この家が、Aさんご家族の”素地”になっていたとしたら、うれしいのですが・・・。


ある意味、Aさんの理想や私の理想が作った家ではあります。

「実際、お子さん達にはどうだったんだろう・・」


私の子供もほぼ同年代なので、ふと、Aさんの家の事を思う時があります。

お子さん達には聞いた事がないからわからないけど、、、でもとっても性格の良い青年に成長したので、ほっ としています。


鴻ノ巣の家 11年後

この家はマンションですが・・床に厚さ3cmの杉板を使いました。

Aさんはちゃんと毎年のようにワックスを掛けているので、床はとってもいい色になっています。

そんなふうに大切にしてもらえているのは有りがたい事です。が、どちらかというと、自然な色の変化以上に、ワックスの色が着いている気がしなくもなく・・・^^


でも、やっぱり杉板の床は気持ちいい。

夏の暑い日ではあったけれど、ときより吹き抜ける風とともに、本当に気持ちいいんです。


鴻ノ巣の家 11年後

鴻ノ巣の家 11年後

玄関入ると、両側に寝室があります。こちらはご夫婦の部屋。

一般の床より一段上げて”こあがり”になっています。


この家は、基本的に天井一杯の高さの建具にしています。

戸を開ければ家がワンルームになり、南と北との室内温度の変化を少なくするためでもありました。そうする事により、冬、北面の壁が結露しない事を狙ったのです。


工事以前は、一般的な作りの部屋でしたから、多くの人が理解できるように「結露」していて「カビが生えて」いました。

工事後、改善されたとは思っていたのですが、正直言うと、数年前「カビが目立つようになってきた」という連絡をいただいた事がありました。

今ならもっと違うのだけど、、、なかなか完璧にはならないですね。。



寝室から玄関方向。玄関の向うが子供部屋。

鴻ノ巣の家 11年後


玄関。下駄箱の向うが子供部屋。作り付の2段ベッド。

鴻ノ巣の家 11年後


お昼御飯をごちそうになってしまいました。

ご主人もお子さんも作ってくれて、大変おしかったです。


話しも尽きず、とっても楽しいあっという間の数時間でした。

ありがとうございました!

また近いうちに・・・今度はゆっくりとお話ししたいです。

鴻ノ巣の家 11年後


【鴻ノ巣の家(R) について】

この家については、鴻ノ巣の家(R)の最初のページで!

 ↓ ↓ ↓ ↓

(11年 前 の)鴻ノ巣の家(R)




■ 建築概要

建築地 :埼玉県鴻巣市
施主 :夫婦+子2
構造規模 :マンション/地上7階
専有面積 :64.8 m2(19.6 坪)
施工 :大石工務店

鴻ノ巣の家(R) についてのいろいろな話をブログにも書いてます。

⇒ ブログ Home Room [ Works ] 鴻ノ巣の家




”考えている事・見ているもの”が「何か違う」と、、ひとりで悩み続けないで
よかったら、家の話しをしませんか。


▼ 家づくりの無料メール相談

(*印はご記入ください)


ご相談メールフォーム
お名前* (姓)  (名)
メールアドレス*
年代*
住所(市区町村まででも)
ご相談内容*