家を建ててから14年、ずっと心に残っていた不満をリノベーションで解消しました。

ツーバーフォー(2x4)の家リノベーション・2世帯住宅・実家リノベーション

桃井の家(R) 1階寝室


14年前、施主のHさんは、設計から工事まで、工務店との打合せをたった一人でやりました。

ただ、心休めるはずのご自分の寝室を考える事が一番後回しになり、あまり考えがまわらなかったそうです。

陽も当たらず暗く、風通しも悪く湿気があり、なんだか”あまり居たくない部屋”だったそうです。


完成した部屋は、「まるでホテルのよう!」と喜んでいただいています。


床:ヒバ(無垢)

壁・天井:珪藻土(左官)


▼工事前

桃井の家(R) 工事前




壁に沿って、たっぷりと作った収納

桃井の家(R) 1階寝室


桃井の家(R) 1階寝室


桃井の家(R) 1階寝室


廊下から部屋に入ったところ。


正面が新しく作ったウォークインクローゼット(入口は引込戸)

右に曲がってベッドスペース

桃井の家(R) 1階寝室


ベッドスペース奥から、入口方向を見る


左壁面および正面ガラスの扉がある部分も収納

桃井の家(R) 1階寝室


▼工事前

桃井の家(R) 工事前



3階は、若いご夫婦のスペース。

新築した時に、ふたつの部屋のの間の壁が抜けるようにしてありました。その部分の壁を抜き、引き込み戸をつけ、リビングと寝室に分けました。


床:カラマツ(無垢)

壁:珪藻土クロス

天井:AEP塗装

廊下から部屋に入ったところ。

写真左に洗濯物を干すバルコニーがあり、格子の仕切り壁の手前は、洗濯物のための作業スペースでもあり、また、室内干しの場所でもあります。

写真の奥が、リビングとなるため、視覚的に広がりを感じながら部屋を仕切れるように、格子の壁を考えました。

桃井の家(R) 2階LDK

▼工事前

桃井の家(R) 工事前





リビング側から入口方向を見る。

以前はクローゼットだった部分に作った小さなキッチン

桃井の家(R) 2階LDK

リビング部分

桃井の家(R) 3階リビング

この窓は、以前は既成品の出窓がありました。ただ、床からの高さが高く、どうしてもその高さを「低くしたい」というご希望でした。

その理由は、ソファーに座った時に「その窓に猫が座っている時にすぐ脇に居て欲しい」という事でした。

桃井の家(R)

ソファーの背の壁となる格子の壁に、『猫階段』を作りました。

桃井の家(R)

桃井の家(R)

寝室

桃井の家(R)

床と同じ材料を張った壁は、作り付の机の一部

桃井の家(R)

▼工事前

桃井の家(R) 工事前


作り付けの机

桃井の家(R)

桃井の家(R)

▼工事前

桃井の家(R) 工事前


以前も、この写真のガラス窓の位置に、Fixの窓がありましたが、その窓を、開閉できる窓に作り変えました。窓の外は階段スペースですが、そこを通して風が抜けます。

桃井の家(R)



【桃井の家(R) について】

施主Hさんは、14年前、当時まだ学生だった2人のお子さんのため、ご自分の理想の家を叶えるため、必死に勉強し、打合せを重ね、現場とやりとりをし、家を完成させました。

ただ、心休めるはずのご自分の寝室を考える事が一番後回しになり、あまり考えがまわらなかったそうです。

陽も当たらず暗く、風通しも悪く湿気があり、なんだか”あまり居たくない部屋”だったそうです。

いずれ、お子さん達の部屋のあった3階をリフォームして、そこに住めばいいや、と思い、ご自分の寝室は、なかば あきらめていました。


そのお子さんのおひとりがご結婚を機に「いっしょに住む」という事になり、今回のリフォームの話しが始まりました。


何度も打ち合わせをしながら、ご自分の部屋の問題をひもといていき、部屋の絵をご覧いただいてイメージを膨らませていただきました。

「リノベーションってすごいですね!」と、目をキラキラ輝かせ喜んでいただきました。


工事は・・・Hさんが”住みながら”の工事でした


住みながらの工事は、現場の進行も大変ではあるのですが、なにより、Hさんご自身にとって、とっても大変な事でした。

でも、職人の人達の仕事を見て 「感動してます!」と、お会いするたびに言われました。

特に、一番仕事が多く、期間も長い 大工さんの仕事には、しきりに感動されていました。大工さんとも仲良くなり、いろんな話しを聞いたそうで、それを、とってもうれしそうに教えてくださいました。


家を建てた時にはなかった経験、そして「いっしょに作っている」ような体験をされた事と思います。


工事が終わり、今回の工事をとっても喜んでいただきました。

引渡後、すぐに片付けや、いろいろ新しくしたものの取付などがあったので、あわただしく今回の工事は終了しました。


もうしばらくして、家もご家族も落ち着いてから、改めてお話しをお聞きしたいと思っています。




■ 建築概要

建築地 :東京都杉並区
施主 :親+子世帯夫婦
構造規模 :木造(ツーバーフォー)/地上3階建て
1階床面積
2階床面積
3階床面積
施工 (株)内田産業 担当:山川・石川

桃井の家(R) についてのいろいろな話をブログにも書いてます。

⇒ ブログ Home Room [ Works ] 桃井の家(R)