築20年 ツーバイフォーの家のリフォーム

築20年2x4のリフォーム なずなハウス

   

住み続けるのか・・・別の土地に移るのか・・・

 

長年に渡り悩まれてきたご夫婦の出した結論は『住み続ける』

50代ご夫婦が犬とともにこれからの人生を楽しむために、お住まいの2x4の家をリフォームしました。

奥様はずっと『木と左官壁の家』つまり古民家のような家にあこがれを持たれていました。それは実現できませんが、ほんのわずかでもその想いを実現したいと考えました。。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング入口

廊下からリビングに入る通路

以前は廊下からリビングに入る入口が窮屈な感じでした。リビングの隣接する6帖の和室を4.5帖に削り、その分を通路にしました。廊下から真っすぐに入る事ができてとても楽になりました。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング入口

反対方向(廊下側)を見る。入口の戸は引戸。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング

リビング方向を見る。 奥の部屋はダイニング。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング境壁

リビングから通路方向を見る

格子のある部分がドアのあった元の入り口部分。その壁が元6帖の和室との境壁の位置。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング

リビング

奥が4.5帖の和室

築20年2x4のリフォーム なずなハウス リビング作り付の棚とカウンター収納

リビングの作り付の棚とカウンター収納

棚は、長さ4m厚さ約4cm。3枚合わせると1本の梁材の寸法。無垢の厚板を使う事で、太い梁にはなりませんが、「木」を表すもとして考えました。

また、床は杉板、壁・天井は珪藻土塗り。奥様の『憧れ』をわずかですが実現しました。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス ダイニングの机

ダイニング

この部屋の南の窓の前に、奥様が使う机を作りました。窓の外にはみかんの木。とてもいい場所です。この部屋の壁の一部をご自分で珪藻土を塗られました。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス 2階和室

 

2階和室

床を畳から杉板に変え、草色のクロスを白いクロスに張り変えました。

モダンな部屋に変わりました。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス 2階和室のふすま

築20年2x4のリフォーム なずなハウス 2階和室と椅子

 

このような椅子がとても合います。

築20年2x4のリフォーム なずなハウス キッチンの作り付収納

キッチンに作った収納棚と掃除流し

築20年2x4のリフォーム なずなハウス トイレ

トイレには手洗い器を新設。既成の手洗い器と木の棚を組み合せました。

【なずなハウス について】

約20年前に開発された住宅地に建つ、築20年のツーバイフォーの家にお住まいの50代ご夫婦は、長年にわたり、ここに住み続けるか、それともリフォームして住み続けるかで悩まれてきました。リフォームするとなってもお互いに考えがまとまらないという状態でした。

ご依頼をいただく約1年前、奥様が私のブログにコメントしていただいた事がきっかけとなり、その間も悩まれながらも、ブログを読んでいただき、「ご夫婦の仲介者?」として声をかけていただきました。

奥様は家についてよく勉強されていて「ちゃんとした木造の家」を夢みられてこられました。それは、木造の架構が表れ左官仕上げの壁の家。。ツーバイフォーの家ですからリフォームしても太い梁が出てくる事はありません。予算の関係もあります。「左官壁」にはならないけれど「左官仕上げの壁」には出来ます。1階リビングとダイニング、そして和室を「珪藻土仕上げ」にしました。そして「木造」を表すものとして、床に「杉板」を使い、そして・・・「太い梁」はできないけれど、それの代わりとして「杉板の棚」を作りました。厚さ約4cm、奥行き30cm、長さ3・6m。3枚合わせると、1本の梁の大きさになります。

なずなハウス スケッチ

全部ではないけれど、奥様が抱き続けられてきた「家」の形を実現し、ご主人のこだわりの箇所をご希望に添える形に変えました。

****

「なずな」とは、奥様がブログにコメントしてくださる時のハンドルネーム。そこから「なずなハウス」と名付けました。


■ 建築概要

建築地 :埼玉県鴻巣市
施主 :夫婦+犬
構造規模 :2x4 2階建て
施工 (株)内田産業

住み始めてからの感想

家が新しくなって、私たちの日々の暮らしも変化しました。といっても、大袈裟なことではないです。生活の中心であるリビングの整理整頓、これを、互いに心がけるようになりました。そうしたほうが、快適で、くつろげるからです。志田さんが設計した、この素敵な空間を大切にしたいと思うからですね。かえって、余分なものを持たないで、シンプルに、スッキリ暮らせますね。

なずなハウス 奥様のデスク

あと、ダイニングに作った机、、、私は一日の大半を、ここで過ごすのですが、なにか作業するとき、とても集中します。まとまった、勉強をするのにいいですね。

我が家はこれから、五十代後半、六十までの五年間は、人生の中でも老いを迎えるまでの、大事なとき!生まれ変わったこの家で、心身共に充実して、暮らしたいものです。

なずなハウス についての話をブログにも書いています。

⇒ ブログ Home Room [ Works ] なずなハウス