施主インタビュー01【2x4リフォーム/8年後】なずなハウス


築20年(当時)ツーバーフォーの家をリノベーションしたなずなハウス に8年ぶりに伺いました。

なずなハウス 8年後

実は、夏(2016年8月)にこの家である雑誌の取材がありました。


▼ その時の話しと写真はこちら

なずなハウス 8年後


それから3カ月に再び訪問しました。取材の時の事を振り返りながら、工事をした時の事、してからの事など、ご夫婦にお聞きしました。


****

物が片付けられなかった


リフォームする以前は、いろんな事をやってみたんですが、物がどうにも片付かなったんです。

(学んでも)何をどう選択していいかもわからないし・・・。



「自分らしい暮らし方」って わからない


それから・・

”自分らしい暮らし方をしたい”と思っても、それがどうゆう方向なのかわからなかったんです。

(リフォームする事にしてから)志田さんと話しをしていて、

「あ~、自分はこうしたいんだ!」

というのがわかって、落ち着けました。



リフォームしなければこの家にいなかった


この家は建売の家だったんですが、住むほどに嫌になっていきました。

リフォームしてからは、住むほどに愛着が湧いてくるんです。

自分達の暮らし方に合ったものになったからこそ、愛着が生まれるんでしょうね。


あの時リフォームしていなければ、、、

この家にいなかったかもしれない。引っ越していたと思います。


リフォームにお金は掛ったけど、やったら(工事終わったら)気持ちが変わりました。

「またこれから頑張ろう!」って思いました。

本当に気持ちが落ち着きました。



『戸建て』について


若い時、(都心に近いある)駅そばのマンションに住んでいて、便利なのがすごくよくて、それで平日は何も気にならないのだけど、土日になると住んでいても気が休まらなくて・・・だからこの家(この街に)引っ越してきて、緑が多くてうれしかったんです。


大規模に開発された住宅地なので、まわりの人達も同じような年代で、同じように歳をとり、だんだんと引っ越して行ってしまいます。


地元に戻ってマンションに住み始めたある人は、最初は便利で喜んでいたけど、外に出る事も少なくなり、外向的な人だったのにだんだんと気持ち的にダメになってしまう人もいます。

そうゆう意味では、戸建ては、なんとなく外の気配もわかるし、なにかしら外に出る用もあるし、いいかな、と思います。

だからもしリフォームしなくて引っ越してたとしても、マンションじゃなかったかな。。



リバウンドしてまた物がたまった


(8年前)リフォームして、物が片付いてスッキリしたんだけど、リバウンドするんですよね。また、だんだんと物がたまってきて・・・。

(買ったのに)一度も見てない本とかがあってビックリ!



物が無いほうが暮らしやすい


(今回の取材を受け)改めて、片づけ、処分して

”多くの物はいらない”

事を実感しました。

(片づいて整った)リビングの状態を維持するために

たとえば、DMがたくさん来るんだけど、玄関に作った棚に置いて、そこで仕分けして、”リビングには入れない”という約束を夫婦で作りました。


本当に・・物がないほうが暮しやすい!


なずなハウス 8年後



”考えている事・見ているもの”が

「何か違う」と思うなら、

ひとりで悩み続けないで、

よかったら、家の話しをしませんか。


▼ 家づくりの無料メール相談


*印はご記入ください

ご相談メールフォーム
お名前* (姓)  (名)
メールアドレス*
年代*
住所(市区町村まででも)
ご相談内容*


 


シンプルな暮しと家を考えるメールマガジン

【日美の手帖】 を発行しています。(購読は無料)


・家づくりにおいて「当たり前」と言われる事は本当に正しいのでしょうか?

・家づくりは何を考えればいいのでしょうか?

・物を減らしたくても簡単にはできません。物とどんなふうに付き合っていけばいいのでしょうか?

・シンプルがいいというけれど、一体どんな事なのでしょう?

・無垢の木がいいって言うけれど、なぜいいのでしょう?

・そもそも無垢の木って何でしょうか?


もし、ひとつでも気になるのなら・・

そして、シンプルな暮し・シンプルな家 に興味あるなら

一度ぜひ読んでみてください。


申込はこちら ↓

http://form.os7.biz/f/77cf42a6/

もしご不要となったら、ご自身で解除できます